代表2試合目の室屋。落ち着いたプレーで完封勝利に貢献した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[国際親善試合]日本3-0コスタリカ/9月11日/パナソニックスタジアム吹田
 
「結構楽しんでプレーできました」
 
 3-0で快勝を収めたコスタリカ戦後、右サイドバックで先発して勝利に貢献した室屋成はそう語った。昨年12月に行なわれたE-1選手権の北朝鮮戦では代表デビューで「緊張した」が、森保ジャパンの初陣では攻守で安定感を見せた。とりわけ、右サイドでコンビを組んだ堂安律との連係には手応えがあったようだ。
 
「(堂安と試合中)守備の部分で話し合ってやってましたけど、(約)90分通してうまく守れたと思いますし、攻撃の部分でもふたりで崩す場面が多く作れて、試合中どんどん話しながらいろんな形を作れたんで良かったと思います」
 
 さらに堂安だけでなく、攻撃陣全体についても言葉を続ける。
 
「特徴のある選手が前にいたので、そこまで自分が何かをやるっていうよりは前の選手に自由にやらせてサポートする関係がやりやすいかなって。(小林)悠くんだったりが(ディフェンスの)間に入ってくれたりしたのでクサビを入れやすかった。(中島)翔哉だったり(堂安)律がドリブルで剥がしてくれるので、上がるタイミングっていうのも作れたので、やりやすかったです」
 
 実際、前線の選手がボールをキープしている間にオーバーラップして、室屋がチャンスに絡むシーンも目立った。攻撃陣の良さを引き出しつつも、隙があらば自らも果敢に攻め上がり、攻撃に厚みを加えていた。
 
 ちなみに、室屋は南野拓実とゼッセル熊取FCで小学6年生まで一緒にプレー。幼少時代の戦友と日の丸を背負って再会したが、「(南野と同じピッチに立てて)単純に嬉しい気持ちもありますし、まだまだふたりともこれからだと思うので、もっともっと上の舞台で一緒にプレーしたいなっていうのは改めて感じました」と控えめに語るにとどまった。
 
 前線の選手らと良い連係を見せた室屋。まだ代表2試合目とは思えない落ち着き感も漂うサイドバックは、コスタリカ戦で見せたようなプレーを続けることができれば、森保ジャパンの重要な選手になることは間違いないだろう。

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!