今年5月に撮影されたイルカのハニー。背中に何本ものキズがあることがわかる。また、プールの水も濁っているように見える(撮影/佐藤榮記氏)

写真拡大 (全4枚)


今年5月に撮影されたイルカのハニー。背中に何本ものキズがあることがわかる。また、プールの水も濁っているように見える(撮影/佐藤榮記氏)

今年1月末に閉鎖された水族館「犬吠埼(いぬぼうさき)マリンパーク」(千葉県銚子市)には、今も一頭のイルカと46羽のペンギンが取り残されている......。

動物ジャーナリストの佐藤榮記(えいき)氏が、これまでの経緯を説明してくれた。

「1月29日に突然『31日をもって閉館します』という発表がありました。閉館の2日前の告知は異例です。実は、犬吠埼マリンパークは動物好きの間では『イルカの飼育環境がよくない』と噂のある水族館でした。

それで気になって閉館前に行ってみると『体調不良のためイルカショーはありません』という看板が出ていた。そして、プールでは一頭のイルカが小学校の25mプールよりも狭いような場所でプカプカと浮いていた。とてもかわいそうな状況だったんです。

ただ、閉鎖するときは『すべての動物を無償で譲ります』という発表もあったので、イルカやペンギンに関しては、すぐに引き取り手が現れるだろうと安心していました。それが、動物愛護団体の人から『4月になってもまだ水族館に残されている』と聞いて、びっくりしたんです」

そこで佐藤氏は「譲渡先がなくて困っているなら相談してください」という趣旨の手紙を犬吠埼マリンパーク入り口のドアに挟んだ。しばらくすると手紙がなくなっていて、ちょうど運営会社の人が外に出てきたので「手紙を読んでもらえました?」と聞くと。「もう次(譲渡先)が決まっているから」と言ったという。

そして「イルカのハニーさんは元気ですか?」と尋ねると「うん」とうなずいた。

「しかし、公道からプールにいるハニーさんの写真を撮ると背中に無数の傷があった。そこで保健所に連絡をして、ケガの具合を見てほしいと頼んだら、後日『月に一度の立ち入り検査で確認したところ、水族館の方が薬を塗っているので傷は少し良くなっているようです』という報告を受けたんです」(佐藤氏)

佐藤氏が、こうした様子をブログやYouTubeなどにアップすると、一気にイルカのハニーは注目された。そして、ネットメディアや新聞などが取り上げ始めたのだ。

では、なぜ今でもイルカのハニーやペンギンは残されているのか? なぜ引き取り手が決まっていないのか?

「それがわからないから、騒ぎになっているんです。そのことを聞いても運営会社の人は口を閉ざします。僕は閉鎖されてから7回くらい犬吠埼マリンパークに様子を見に行っていますが、飼育員に話しかけても返事をしてくれない。電話も何ヵ月も前から通じなくなっています」(佐藤氏)


今年1月31日に閉館した千葉県銚子市にある犬吠埼マリンパーク。現在は立ち入り禁止になっている。犬吠埼は観光地だが、この辺りに人影を見ることはなかった

実際、週刊プレイボーイも運営会社に何度も電話をかけたが、コールはするがまったく出ない。そこで、現地に行ってみた。

犬吠埼マリンパークは、関東平野の最東端・犬吠埼にある。都内から電車やバスで約2時間半程度の場所だ。

ハニーのいるイルカプールは正面に向かって左手の方向にあり、公道からかすかながらプールが見える。以前はプールのほぼ全体が見えていたようだが、最近ハニーを撮影する人たちが増えたため、黒いネットを張ったという。

そこで1時間程度待ってみたのだが、ハニーの姿はまったく見えない。もしかしたら、すでにどこかに譲渡されたのかもしれない......と思っていたときに、頭をちょっとだけ水面から上げたハニーがネットのない部分から一瞬見えた。きっと黒いネットの左端のところで泳ぎ回ることもなくじっとしていたのだろう。その後も時折、姿を見ることはあったが、プールを泳ぎ回る姿は見ることがなかった。

イルカの飼育をしている和歌山県の「太地(たいじ)町立くじらの博物館」に聞くと......。

「通常、群れで生活をしているイルカを一頭で飼育することはありえません。一頭だとストレスから動きが単調になったり、浮いたままの状態になる。また、ストレスがたまり続けると寿命が短くなる。飼育者の意見としては、できるだけ早くほかの水族館に移すのがいいでしょう」

こうした状況に対して、銚子市の動物の愛護・管理を担当する千葉県海匝(じゃいそう)健康福祉センターは、どう対応しているのだろうか。連絡をしてみると、犬吠埼マリンパーク関連の問い合わせには、千葉県の衛生指導課が一括して答えているという。

「現在、月に一度の立ち入り調査で動物の健康状態を確認しています。8月30日に調査をしましたが、イルカやペンギンの健康状態は問題ありません。イルカのプールも水質は悪くなっていません」(衛生指導課)


ペンギン小屋には46羽のフンボルトペンギンが残されている

飼育員は何人いるのか?

「飼育員の人数は把握していませんし、飼育の具体的なスケジュールは聞いていません。ただ、基本的には毎日世話をしていただいていると思っています」(衛生指導課)

ということは、運営会社とは連絡が取れている?

「今、マスコミや一般の方からの問い合わせが殺到しているため、運営会社は県としか連絡を取っていないんです。施設も、無理やりイルカプールに侵入しようとした人がいたため立ち入り禁止にしています」(衛生指導課)

ハニーやペンギンたちは今、幸せに暮らしているのか? 『週刊プレイボーイ』39・40合併号(9月10日発売)「犬吠埼マリンパーク 取り残されたイルカ『ハニー』を救え!」では、さらに真相に迫っている。

取材・文/村上隆保 撮影/五十嵐和博 写真提供/佐藤榮記