10番を背負った中島翔哉「見ている人たちも楽しいサッカーを」

写真拡大

 日本代表は11日、キリンチャレンジカップ2018でコスタリカ代表と対戦し3−0で勝利。森保一監督の初陣を勝利で飾った。

 10番を背負った中島翔哉は得意のドリブルや積極的にシュートを狙う姿勢を見せ、観客を沸かせた。「初めての試合だったので勝てて良かったです。もっといいプレーはできると思いますが、最初にしては良かったと思います」と初陣を振り返った。今後に向けては「まずはしっかりと楽しんで、見ている人たちも楽しいサッカーをしたい」とコメントしている。