前半から何度も惜しいシーンで外していた南野。中島、遠藤との連係で待望の追加点をゲット。自身にとっては代表初ゴールとなる。そのイケメンぶりはネット上でも話題に。 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 森保ジャパンの初陣となる、日本対コスタリカ戦。スタメンにもフレッシュな面々が揃い、新たな船出を感じさせる一戦となった。

 9月11日、気温は28度、湿度44パーセントというベストコンディション。試合前には日本で発生している災害を受けて、黙とうの時間が設けられた。

 キックオフ直後から若い選手たちが積極的にゴールを狙い、先制点は新生・森保ジャパンに生まれる。16分、ポルトガルでプレーする中島翔哉の正確なCKに佐々木翔が頭で合わせ、コスタリカDFのオウンゴールを誘発した。

 後半に入り、66分には遠藤航からのパスで南野拓実が代表初ゴールとなる待望の追加点。90+3分には交代で入った伊東純也もゴールを決め、コスタリカを突き放した。そのほか、中島翔哉、小林悠、堂安律、交代で入った浅野拓磨ら前線の選手たちが躍動し、守備陣もGKの東口順昭を中心に、中盤から最終ラインをコンパクトに保ち、無失点勝利を収めた。

 試合中から日本サッカー協会公式をはじめ、ツイッター上にはファン・サポーターからの若き日本代表の健闘を称える声が相次いだ。いくつか紹介していこう。

「がんばれ日本。北海道での練習が活きてきますように。勇気をありがとう。いつかスタジアムで観られる日を夢見て、テレビの前で懸命に応援。」
「ドーハ以降を選手で体験したはじめての日本代表監督。感慨深いなぁ」
「新生代表いいね!ロシア大会での戦いから学んだことを活かしてる!しかも若いからアグレッシブ!」
「コスタリカのオウンゴールだけどそこまでプレーを評価してあげんと」
「新しい世代のサッカーは色々動きがあって面白くなりそうだけと、まだやっぱり精度と連携が取れてないな〜 まだまだこれからやね」
「南野、中島、堂安を見てると、松井、大久保、石川の頃のワクワクを思い出す」
「やはり中島選手はこれからも楽しみですね。ロシアで見たかった」
「中島判断よかった。遠藤落ち着いて動けてた。南野あそこでよく打てるなぁ!興奮したシーンですな」
「南野って爽やかなイケメンだけどザルツブルクでの試合とか見る限り結構ファイター的な気質あるんだよね」
「私はブラジルW杯の時から南野選手は呼ぶべきと思っとったけどね」
「伊東のゴールキター!きれいなゴール!!」
「この若手だけで勝てたのはデカい、なぜなら弱い部分はベテランで埋められるから」
「若い世代に優秀な選手が多いことが証明された試合だった。みんな視野が広いし判断が速い。この先が楽しみ」
「面白代表帰ってきた。とにかく今の子らは足下上手い。短いパスで崩していく」

 若き日本代表の躍動に、サポーターの期待も高まる試合となった。森保ジャパンの船出としては、上々の結果と言えそうだ。

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!