企画展「民藝展」を21_21 DESIGN SIGHTで開催 - デザインの視点で民藝を紹介

写真拡大

東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて、企画展「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」が開催される。会期は、2018年11月2日(金)から2019年2月24日(日)まで。

本展は、人々の生活に根付く”日常品の美”に着目した展覧会。無名の職人達によって作り出され、それぞれの土地の暮らしの中で、その機能性やデザインが磨かれていった民藝には、“Another Kind of Art”ともいえる、独自の美しさが宿っている。生活が育んできた民藝は、現代のフラットな文化の中を生きる私たちにとって、ハッと驚かされるようなアイデアの宝庫だ。

会場では、日本民藝館館長でありプロダクトデザイナーの深澤直人が同館の所蔵品を中心に、新旧さまざまな100点余りの民藝を選りすぐり、紹介。江戸時代の厨子や燭台、中国明時代の皿などを展示する。また、撮り下ろしインタビューや制作現場の映像、民藝の新たな表情を映し出す写真、そして同館設立時の貴重な資料なども公開する。

【詳細】
「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
会期:2018年11月2日(金)〜2019年2月24日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所:東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
定休日:火曜日(12月25日は開館)、年末年始(12月26日〜1月3日)
開館時間:10:00〜19:00 (入場は18:30まで)
入館料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料

【問い合わせ先】
21_21 DESIGN SIGHT
TEL:03-3475-2121
[写真付きで読む]企画展「民藝展」を21_21 DESIGN SIGHTで開催 - デザインの視点で民藝を紹介

外部サイト

  • 「北斎の橋 すみだの橋」すみだ北斎美術館で開催 - 北斎や門人が描いた浮世絵の“橋”に着目
  • 「AUDIO ARCHITECTURE展」東京ミッドタウンで、音楽・映像・会場が一体化
  • 企画展「日本のグラフィックデザイン2018」入場無料、雑誌広告や雑貨など東京ミッドタウンに集結