二重基準を非難 セリーナの主張を女子テニス協会トップも擁護

ざっくり言うと

  • セリーナ・ウィリアムズは、全米オープンの決勝でペナルティーを科された
  • 男子選手だったら免れたものだったと主張したほか、試合中に怒りを爆発
  • 女子テニス協会のCEOは「見直しが必要である」と、セリーナを擁護した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x