「実力とキュートな人柄に世界が魅了されました」とキャスターの伊藤利尋アナが伝えたテニス・大坂なおみ選手(20)の全米オープン決勝戦は大荒れの異様な雰囲気となった。

セリーナが主審に暴言、大荒れの試合

相手は4大大会の優勝23回を誇り、大坂選手も憧れる米国のセリーナ・ウィリアムス(36)で、観客席はセリーナファンがつめかけた。第2セット、セリーナがコーチングの反則で主審から警告を受けたことでブーイングが始まった。セリーナはラケットをコートにたたきつけ、主審に「ウソはあなたよ、謝って」と暴言を吐いた。セリーナに1ポイント、1ゲームのペナルティを科せられたため、ブーイングは頂点に達した。

大坂は高速サーブと意表を突くテクニックで圧倒し、セットカウント2−0のストレート勝ちを飾ったが、表彰式が始まってもブーイングは止まなかった。大坂は「みんながセリーナを応援していた。こんな結果になってごめんなさい」と述べ、サンバイザーを下げて涙を隠した。これで場内の雰囲気は変わり、セリーナも「もうブーイングはおしまい」とファンに呼びかけた。

司会の小倉智昭「周りはすべて敵という中で、大快挙ですよ」

テニス解説の沢松奈生子さんは「完全アウエーで、初の決勝戦進出で、憧れの相手という条件だった。粘り強く我慢して、よく平常心を保った。異様なことがあってもなくても、あのテニスをすれば優勝したろう」と称えた。

米国メディアも大坂を称賛し、セリーナや全米テニス協会を批判する論調も出た。

伊藤アナ「大坂はとても謙虚でピュアだった。しかもテニスは強い」