手術を受けた患者が脳死状態、医者の正体は会社員 韓国で衝撃

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 韓国で5月、肩の骨に異常がある患者が手術を受けて脳死状態に陥った
  • 報道によると、執刀したのは医師ではなく医療機器会社の社員だったという
  • ネットでは「鳥肌もの」「正常な医療人じゃない」などと衝撃の声が広がった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x