セリーナが全米OP決勝での不正行為を否定 罰則は「性差別的」

ざっくり言うと

  • 全米オープンの決勝で、セリーナ・ウィリアムズは審判から不正を指摘された
  • 不正行為を否定して猛抗議をしたことでさらに罰則を受けてしまったセリーナ
  • 審判の判断が男女の試合で異なると主張し、罰則は性差別的だと批判した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x