ヤクザの若衆3人がへまをやらかし、その落とし前で、親分に女性アイドルにされてしまうという、「ヤングマガジン」に連載中のジャスミン・ギュのギャグ漫画をテレビアニメ化したものだ。

親分から「アイドルやるか、それとも臓器全部売るか」と脅され、タイで性転換と全身整形の手術を受け、3人は女性に生まれ変わる。さらにアイドルらしさを養う洗脳教育も受け、心身ともに女子になって、路地裏アイドル「ゴクドルズ」としてデビューすると・・・思いのほか売れちゃったというお話である。

やくざ映画の東映とヤンキーな「ヤングジャンプ」がタッグ

ヤクザなのにアイドル、アイドルだけど本当はヤクザというギャップは、本当に上手い設定で、かわいい女の子なのに一升瓶の酒をラッパ飲みしたり、「うわぁ、うんこしたいわあ」「チ○ポ返せ、コラァーッ!」などと平気で言っちゃったりと、それだけで大笑いできる。

製作委員会は東映ビデオと講談社の2社が制作委員会ということになっていて、公式サイトではヤクザ映画の「東映」と、ヤンキーやイリーガルな作品を数多く手がける「ヤングジャンプ」のタッグと大々的に謳い、これもギャグになっている。

ただ、残念ながら放送は終了してしまった。取り上げるのが遅くてごめんなさい。ただ、東京地区のみ傑作選がまだ3回放送されます。是非とも続編を作ってほしい。(8月28日深夜1時40分放送)

鯖世 傘晴