厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第16回:オーロトラジェ

 2015年の牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)における”主役”は、ミッキークイーン(牝/父ディープインパクト)だった。

 2戦目に初白星を挙げた同馬は、続くGIIIクイーンC(東京・芝1600m)に参戦。初の関東圏への長距離輸送ということもあって、レース当日の馬体重は20kgも減っていた。それでも、後方からレースを進めて、最後は上がり33秒8という末脚を繰り出して2着。素質の高さを示した。

 その後、一冠目となる桜花賞(阪神・芝1600m)は、3分の2の抽選で除外されて出走は叶わなかったが、同日のオープン特別・忘れな草賞(阪神・芝2000m)を快勝。二冠目のGIオークス(東京・芝2400m)へ駒を進めた。

 クイーンCのときと違って、オークスでは長距離輸送を克服してプラス4kgの馬体重でレースに臨むと、中団待機から直線を迎えて馬群の中からスッと大外を抜け出してきた。そして、直線半ばからは1番人気ルージュバック、桜花賞2着のクルミナルと壮絶な叩き合いを展開。クルミナルをかわし、直後にルージュバックを振り切ると、ゴール板をトップで通過して3歳牝馬の頂点に立った。

 さらに、秋には始動戦となるGIIローズS(阪神・芝1800m)で2着に終わるも、三冠最終戦のGI秋華賞(京都・芝2000m)ではレースレコードをマークしての完勝劇を披露。直線半ばを迎えて鋭く抜け出し先頭に立つと、クイーンズリングの強襲も難なく退けて二冠を達成した。

 古馬となってからは、GIタイトルには恵まれなかったものの、GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)で2着、GI宝塚記念(阪神・芝2200m)やGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)で3着になるなど、GI戦線で活躍し続けた。

 そして、昨年末に引退。今後、繁殖牝馬となった彼女がどんな子を送り出すのか、非常に楽しみである。

 そんななか、ミッキークイーンの妹がまもなくデビューを迎えようとしている。栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属するオーロトラジェ(牝2歳/父オルフェーヴル)である。


姉ミッキークイーンのような活躍が期待されるオーロトラジェ

 同馬を育成したノーザンファーム空港牧場の中川晃征氏は、春の取材でこんなコメントを残していた。

「オーロトラジェは、成長はゆっくりなタイプですが、動きの質がいいですね。この馬に乗ったスタッフは皆、『いい馬』だと評価しています。私もそう思いますし、きっと活躍するだろうと思って、日々接しています」

 気になるのは、偉大なる姉ミッキークイーンとの比較だが、その点について中川氏はこう語っていた。

「父親が違うからか、ミッキークイーンとオーロトラジェはタイプが全然違いますね。オーロトラジェは、父オルフェーヴルが出ている感じです」

 続けて、オーロトラジェに対する期待をこう口にした。

「母のミュージカルウェイも晩成気味だったので、こちらもこれから成長していくのではないでしょうか。とはいえ、今でも十分走っていますし、完成度も高いです。気性も扱いやすいですから、(早くからでも)楽しみです」

 デビュー戦の予定は、9月15日の2歳新馬(阪神・芝1600m)。すでにトレセンで入念な調整を重ねている。 はたして、オーロトラジェは姉と同様、来春の牝馬クラシックで躍動できるのか。初陣の走りに注目である。