中山11R「京成杯オータムH」芝1600
★本格化著しい、ミッキーグローリーが初重賞制覇達成★
◎10ミッキーグローリー
○5ロードクエスト
▲2ロジクライ
△9ヤングマンパワー、14ワントゥワン
 阿武隈Sを圧勝、益々快調のミッキーグローリーが2連勝で重賞初制覇。
 「その阿武隈Sは、向こう正面から動いて最後は0秒3差突き放す圧勝劇」
 あんな強引なレースをして勝つのだから、相当力を付けている証拠。
 「もともと、潜在能力は高い。デビュー以降、10戦して3着以下は1度(6着)だけ。それも、1年5か月のブランクがあったもの」
 実力に加えて、センスの良さも特筆されていい。重賞は初挑戦だが、目下の勢いをもってすればチャンスは十分ある。
 「中山1600辰皀戰好半魴(2勝)。当面の相手は、一昨年の覇者ロードクエスト。休み明け3戦目で走り頃だ」

中山10R「ながつきS」ダ1200
★得意の中山でタガノヴィッターが、ガラリ一変★
◎タガノヴィッター
○ハットラブ
▲ヨンカー
△ビービーサレンダー、プレシャスエース
 実力馬のタガノヴィッターが起死回生の一発を決める。
 「花のみちSは9着と、不発に終わっているが実力負けではない。外枠(14番)から終始、外を走らされるロスが響いたもの。2着から0秒5差なら巻き返しは十分可能だ」
 前走を度外視すれば、準オープンで↓C紊半錣望絨盟茲い魃蕕犬討い襪掘▲船礇鵐垢六間の問題。
 「ルメール騎手に乗り替わり気分一新、得意の中山で本領発揮の公算が大。相手は、ハットラブ。現級勝ちしている格上の存在だ。休み明けでも好勝負に持ち込みそう」

中山9R「木更津特別」芝1600
★新星フレッチアの勢いは止まらない。3連勝達成★
◎フレッチア
○アドマイヤシナイ
▲シャララ
△サロニカ、スカルバン
 圧倒的な強さで2連勝中の、フレッチアに期待。
 「2戦とも好位から抜け出し、0秒5差、0秒2差突き放す圧勝劇。これほどの馬に昇級の壁があるとは思えない」
 キャリアは4戦、まだ底が割れていないし、プラスアルファは測り知れない。ハンデ54舛盒調材料。
 「新馬戦2着が示す通り、仕上がりの早いタイプで休み明けも心配無用。休養中に一段とパワーアップしたパフォーマンスを見せてくれそう」
 相手は、同じ上り馬アドマイヤシナイ。阪神11R「セントウルS」芝1200
★迷ったらGI馬、ファインニードルの底力を信頼★
◎14ファインニードル
○11アンヴァル
▲6アサクサゲンキ
△7ダイアナヘイロー、2ラブカンプー
 実績、実力ともここではファインニードルが抜きんでている。2連覇の可能性は高い。
 「斤量58繊4か月半の休み明けは割引材料だが、実力はそれを補って余りある」
 GI・高松宮記念を含め重賞3勝の底力を素直に信頼して大丈夫。
 「最大の目標はスプリンターズS(9月30日)。そこがピークになるように調整しているが、いい加減な状態で使ったら反動が怖い。その意味で八分以上は仕上がっていると判断できるし、期待したい」
 相手は、3歳牝馬のアンヴァル。距離適性は高い。休み明け2戦目で上積みは大きいし、斤量52舛皀▲疋丱鵐董璽検