データ誤削除で約28億円の休業補償金の支給が遅れる 厚生労働省が謝罪

ざっくり言うと

  • 休業補償金約1万1200人分の総額28億円の支給が遅れ、厚労省が謝罪した
  • 補償金は、仕事中にけがなどをして働けなくなった場合に支給されるもの
  • 遅れた原因は担当職員が補償金の給付に関するデータを削除したためだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x