九州大学での火災、退学者が火元の部屋使用 ずさんな管理を謝罪

ざっくり言うと

  • 箱崎キャンパスで起きた火災を受け、九州大学が7日夜に記者会見を開いた
  • 火元となった部屋は、2010年に博士課程を退学した人物が使用していたという
  • 大学院法学研究院の委員長は「建物の管理がずさんになっていた」と謝罪した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x