札幌市内で練習を再開した森保ジャパン

写真拡大

 日本代表が7日、札幌市内でトレーニングを再開した。6日未明に発生した北海道胆振(いぶり)東部地震の影響で、この日に札幌ドームで開催が予定されていたキリンチャレンジカップ・チリ戦の中止が決定。チームは前日6日のトレーニングを取りやめ、チームホテル近辺で軽く体を動かすのみにとどめており、2日ぶりの練習再開となった。

 6日午前3時8分に北海道胆振東部地震が発生すると、午前3時半ごろ、選手たちは余震に備えて低層階の食事会場に集められた。午前5時ごろに選手はそれぞれの部屋に戻り、ホテルから提供されたパンなどの軽食を朝食変わりとし、再び就寝。ホテルは午前9時ごろに自家発電で電気も復旧し、午後1時、チーム全員で食事会場に集まり、昼食を取った。

 周辺では今も停電が続いている地域もあるが、ホテルの自家発電により被災の影響は最小限に抑えることができた。チームはその後、通常どおりの生活パターンに戻り、この日、練習を再開した。

 11日のキリンチャレンジカップ・コスタリカ戦(吹田S)に向けて再始動となった森保ジャパン。この日の練習では両チームが4バックを採用して紅白戦も行い、コスタリカ戦に向けて戦術確認に重点を置いた。

以下、紅白戦のメンバー

【1本目】

[ビブスなし]

    小林

中島  南野  堂安

  遠藤  青山

車屋      室屋

  槙野  三浦

    東口

[ビブスあり]

    杉本

伊藤  浅野  伊東

  三竿  天野

佐々木     守田

  冨安  植田

    権田

【2本目】

[ビブスなし]

    小林

南野  浅野  伊東

  守田  青山

佐々木     遠藤

  槙野  三浦

    東口

[ビブスあり]

    杉本

伊藤  堂安  中島

  三竿  天野

車屋      室屋

  冨安  植田

   シュミット

(取材・文 西山紘平)