小田急線で盛り土が2メートル陥没 15本が運休、約4000人に影響

ざっくり言うと

  • 小田急線は7日、本厚木−伊勢原駅間で始発から一時運行を見合わせた
  • 線路内で盛り土が直径約1.5メートル、深さ約2メートル陥没していたため
  • 午前6時20分ごろに運転を再開したが、15本が運休し、約4000人に影響が出た

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x