7日に開催が予定されていた日本代表対チリ代表の試合は中止が決まった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカー協会は9月6日、同日未明に発生した北海道胆振地方を震源とする地震の影響で、同7日に開催を予定していた国際親善試合のチリ代表との試合を中止すると発表した。
 
 6日午前3時8分ごろ、北海道胆振地方を震源とする地震が発生。震度6強の揺れが観測された。この地震の影響で、北海道全域で停電が発生。特に揺れの酷い地域では土砂災害や地盤沈下などの被害も出ている。日本協会は同日午前10時頃に試合開催の可否を午後6時までに判断するとしていた。

 このチリ代表戦は、森保一新監督が就任した新生日本代表の初陣となる予定だったが、まさかの事態で中止を余儀なくされた。日本代表は11日にパナソニックスタジアム吹田で、コスタリカ代表と対戦予定。これが森保ジャパンの初陣となる予定だ。