イギリスなどの専門家が研究 空港でトイレより細菌が多い場所

ざっくり言うと

  • 空港で最も細菌が多い場所はトイレではなく、保安検査用のトレーだという
  • イギリスやフィンランドの専門家が実施した研究によって判明した
  • 階段の手すりやチェックインカウンターなどにも細菌が多かったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x