森保ジャパン初陣の背番号が発表 中島翔哉が「10」、堂安は「21」…「4」は佐々木翔に

写真拡大

 7日にチリ代表、11日にコスタリカ代表と対戦する日本代表の背番号が5日に発表された。

 背番号「10」は、リオデジャネイロ・オリンピックで背負った経験を持つ中島翔哉が着用。A代表初招集の堂安律は「21」、佐々木翔は「4」、伊藤達哉は「14」、冨安健洋は「22」となった。また大島僚太と山口蛍の負傷離脱により追加招集となった、こちらもA代表初招集の天野純は「18」、守田英正は「16」となり、GKではシュミット・ダニエルが「1」を背負う。

 札幌、大阪での2連戦となるキリンチャレンジカップ2018は、森保一監督のA代表船出の試合となり、注目される。

 発表された23名の背番号は以下の通り。

■GK
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 権田修一(サガン鳥栖)
1 シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

■DF
20 槙野智章(浦和レッズ)
4 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
5 車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
6 遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー)
3 室屋成(FC東京)
2 植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)
19 三浦弦太(ガンバ大阪)
22 冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

■MF
17 青山敏弘(サンフレッチェ広島)
18 天野純(横浜F・マリノス)
7 伊東純也(柏レイソル)
10 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
8 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
16 守田英正(川崎フロンターレ)
15 三竿健斗(鹿島アントラーズ)
14 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
21 堂安律(フローニンゲン/オランダ)

■FW
13 小林悠(川崎フロンターレ)
9 杉本健勇(セレッソ大阪)
11 浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)