連絡橋にタンカーが衝突し、関西国際空港ロビーなどに足止めされた利用客3000人は、昨夜4日(2018年9月)は床に寝るなどして過ごし、一部施設は停電し、エアコンが切れた。

けさからフェリーの船で神戸空港へ100人単位の輸送が始まった。

司会の小倉智昭「タンカーは完全に壊れたね。関空はきのう9月4日が開港記念日だったんだね」

キャスターの伊藤利尋アナ「いつ使えるようになるかの見通しは立っていません」