ソウル市が140億円をかけた雨水貯留施設 豪雨時に機能せず

ざっくり言うと

  • ソウル市は約140億円をかけて、雨水貯留施設を新たに建設・整備した
  • しかし8月28日の豪雨時に、施設が機能していなかったことが4日に判明
  • 設計ミスなどが指摘されているが、市は気象庁の予報も原因だと主張している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x