『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサートが東京&大阪で、映画本編に合わせて東京フィルが生演奏

写真拡大

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリア公開30周年を記念したシネマ・コンサートが、2018年9月15日(土)・16日(日)に東京・有楽町の東京国際フォーラムで、17日(月・祝)に大阪・オリックス劇場で開催される。

映画のセリフや効果音はそのままに、オーケストラが音楽パートを本編上映に合わせて生演奏するシネマ・コンサート。今回はジュゼッペ・トルナトーレ監督が1988年にイタリアで公開した『ニュー・シネマ・パラダイス』を題材に、映画本編の上映とオーケストラ生演奏の贅沢なコラボレーションが楽しめる。

シチリアの小さな映画館“新パラダイス座”を舞台に、トト少年と老映写技師・アルフレードの交流を描く物語を彩るのは、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネによる、美しく感動的な音楽。そんなモリコーネの名曲の数々を、国内屈指の名門オーケストラである東京フィルハーモニー交響楽団が演奏する。

【開催概要】
『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート
開催日:
■東京公演
開催日時:
2018年9月15日(土) 開場16:00/開演17:00
9月16日(日) 開場12:00/開演13:00
会場:東京国際フォーラム ホールA
■大阪公演
開催日時:9月17日(月/祝) 開場16:00/開演17:00
会場:オリックス劇場

チケット価格(全席指定):S席 9,800円(税込) / A席 7,800円(税込) ※3歳未満入場不可
指揮:ティアゴ・ティべリオ
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
©1989 CristaldiFilm


[写真付きで読む]『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサートが東京&大阪で、映画本編に合わせて東京フィルが生演奏

外部サイト

  • ジョン・ウィリアムズ作品を東京フィルが演奏するコンサート、赤坂サントリーホールで開催
  • 「スター・ウォーズ in コンサート第2弾」初期3部作シリーズをオーケストラ生演奏×映画上映で
  • 映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のシネマ・コンサートが東京・大阪で、生演奏とともに作品上映