「第10回下北沢映画祭」ジャンルレスの映画コンペやカルチャーを紹介、演劇×映画特集のイベントなど

写真拡大

「第10回下北沢映画祭」が、2018年10月26日(金)から28日(日)までの3日間、北沢タウンホールほか、下北沢の全4会場にて開催される。

下北沢映画祭」では、ドラマ・CG・アニメーション・ミュージックビデオ、ドキュメンタリーなどジャンル不問の映画作品コンペティションをメインに行う他、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢の多彩なカルチャーに触れられるプログラムも実施。今回は第10回目の開催となり、節目を迎える。

「第10回下北沢映画祭」のテーマは「To be continued お楽しみはまだまだ続く」。映画、ドラマ、ゲームで「to be continued」というワードを見た時のワクワク感や期待感を映画祭を通して感じて欲しい、という思いが込められている。

今回のコンペティションには、アニメーション作品や会話劇など、バラエティに富んだ10作品がノミネート。ゲスト審査員は、映画『勝手にふるえてろ』の大九明子監督が務める。

また、「柄本佑×三宅唱」の特集上映を10月26日(金)に実施。『きみの声はうたえる』でのタッグも記憶に新しい2人が関わる3つの作品、『ムーンライト下落合』『NAGAHAMA』『八月八日』を一挙公開。その翌日27日(土)には、『ちょっとの雨ならがまん』を下北沢ReGで上映する。日本のハードコア・パンクシーンの黎明期を描いた作品だ。

そして、北沢タウンホールでは「演劇×映画」特集を10月28日(日)に開催。10周年を迎える劇団ゴジゲン主宰の松居大悟監督最新作『君が君で君だ』など演劇にまつわる映画を上映する。上映後は松居監督をはじめ、関係者によるトークセッションも開催される。

【詳細】
第10回下北沢映画祭
開催日程:2018年10月26日(金)〜10月28日(日)
会場:北沢タウンホールほか全4会場

■柄本佑×三宅唱、特集上映
日時:10月26日(金) 19:30(19:15開場)
会場:下北沢トリウッド
住所:東京都世田谷区代沢5-32-5-2F
チケット:1,800円
■ちょっとの雨ならがまん in 下北沢
日時:10月27日(土) 11:45(11:30開場)
会場:下北沢ReG
住所:東京都世田谷区代沢5-30-10
チケット:2,000円+1ドリンク600円
■「演劇×映画」特集
日時:10月28日(日) 10:45(10:30開場)
会場:北沢タウンホール
住所:東京都世田谷区北沢2-8-18
チケット:2,000円


[写真付きで読む]「第10回下北沢映画祭」ジャンルレスの映画コンペやカルチャーを紹介、演劇×映画特集のイベントなど

外部サイト

  • 映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』舞台はネット世界、ズートピアの監督が贈る新作ディズニーアニメ
  • 「夜空と交差する森の映画祭」が栃木・ツインリンクもてぎで、約50本の作品をオールナイト上映
  • 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』“伝説の超サイヤ人”ブロリーが強敵に、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も