藤井聡太七段が棋王戦本戦で敗戦 2018年度のタイトル獲得が消滅

ざっくり言うと

  • 藤井聡太七段が3日、棋王戦本戦の挑戦者決定トーナメント2回戦で敗れた
  • 2017年の王将戦1次予選でも完敗を喫した菅井竜也王位に133手で敗戦
  • この結果、2019年3月までの今年度中にタイトルを獲得する可能性が消滅した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x