サドルに体液かけた元長野市議に有罪判決も「くむべき事情ある」

ざっくり言うと

  • 元長野市議に3日、懲役2年、保護観察付き執行猶予4年が言い渡された
  • 判決によると、2017年の夏ごろにサドルに体液をかけるようになったとのこと
  • 被告が反省し性障害の治療も受けていることで「くむべき事情もある」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x