9月1日、(株)東京タワー水族館(TSR企業コード:292674791、以下水族館)は、運営する「東京タワー水族館」の営業を9月30日で終了すると発表した。
 1978年のオープンから40年。日本を代表する観光名所の東京タワーを彩っていたテナントが姿を消すことになる。
 「東京タワー水族館」は日本電波塔(株)(TSR企業コード:291142702、以下電波塔)が運営する東京タワーのテナントとして営業していた。しかし、ここ数年は賃料の未払いが続いたことから、電波塔が物件明け渡しと賃料支払いを求めて東京地裁に提訴していた。
 今年7月、裁判内容を東京商工リサーチ(TSR)が報じるとネット上で話題となり、「東京タワーに水族館があるなんて知らなかった」、「今のうちに行っておかないと」などの声が上がっていた。
 9月3日、電波塔の担当者はTSRの取材に対し、「(閉鎖後の)有効活用については現在検討中」と回答した。未払いになっている賃料は「契約に関わることで詳細な回答は差し控えるが、完済いただく予定」という。
 「東京タワー水族館」に数回にわたり取材を試みたが、9月3日午前11時30分現在、コメントは得られていない。

「東京タワー水族館」が入居する東京タワー

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年9月4日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

TSR情報とは