アジア大会の柔道男子 日韓選手の明暗を分けた「不可解判定」

ざっくり言うと

  • アジア大会の柔道男子73キロ級決勝で、大野将平は韓国の安昌林を下した
  • 審判が一旦はノーポイント判定したものを、審判委員が技ありに変更
  • 誤審を防ぐためのチェック機能が、不可解な判定を生んだと筆者は指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x