留置所に残された「計画メモ」発見は逃走から1週間以上あと

ざっくり言うと

  • 大阪の富田林警察署から容疑者の男が逃走して、2日で3週間が経つ
  • 留置場に残されたメモは、逃走から1週間以上あとに見つかったと分かった
  • 当直担当者の名前が書かれたカレンダー形式のメモで、印がつけられていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x