厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第15回:リスト

 今年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制したワグネリアン(牡3歳)と、デビュー戦で熾烈なマッチレースを繰り広げた馬がいる。早い段階から素質を高く評価されていたヘンリーバローズ(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 同馬は生まれたときから注目され、順調に育成段階を過ごすと、多くのファンから絶大な期待が寄せられた。ゆえに、初陣から単勝1.7倍と、ワグネリアンらを抑えて断然の1番人気に支持された。

 その一戦が、昨夏の2歳新馬(2017年7月16日/中京・芝2000m)。レースは前半の1000mが67秒という超スローペースとなり、直線を迎えると、ヘンリーバローズとワグネリアンが抜け出した。

 2頭が繰り出した末脚は、他馬とは次元が違った。ワグネリアンが上がり32秒6という切れ味を披露すれば、ヘンリーバローズもファンの期待どおり、上がり32秒8という時計をマークして応戦した。だが、わずかに前に出て勝利を飾ったのは、ワグネリアンだった。

 それからおよそ2カ月半後、ヘンリーバローズは2戦目となる2歳未勝利(2017年9月30/阪神・芝1800m)に出走。好スタートから先頭を切って、直線に入ってからも1度もムチを使うことなく、後続を4馬身突き離した。

 まさに評判どおりの圧勝劇で、レベルの違いをアピール。苦杯を舐めさせられたワグネリアンが連勝街道を進む一方で、ヘンリーバローズも同馬に劣らぬ能力があることを改めて証明した。

 しかし不運にも、それ以降は体調が整わず、ヘンリーバローズは長期休養を余儀なくされている。新馬戦での激闘からして、順調なら日本ダービーでワグネリアンと覇権を争っていたのではないだろうか。

 ヘンリーバローズの全兄であるシルバーステート(牡)も、素質がありながら故障に泣かされて大成できなかった。デビュー戦で惜しくも2着に敗れたあと、未勝利、500万下特別と圧勝して、一躍クラシック候補に躍り出たが、屈腱炎を発症。戦列を離れて、一生に一度の華やかな舞台に進むことができなかった。

 その後、シルバーステートは1年7カ月という長期休養を経て、復帰初戦で1000万下特別を快勝。続く1600万特別も制して、今度は古馬GI戦線での活躍を期待された。だが、その際も屈腱炎を再発。大一番を目前にして、戦線離脱した。

 結局、当初は復帰を目指すことが発表されたものの、ケガの深刻さから断念。そのまま、引退となった。

 シルバーステートとヘンリーバローズ。万全であれば、2頭とも大きな仕事を遂げていたに違いない。そんな兄たちの無念を晴らすべく、今年も同じ血を引く弟がまもなくデビューを迎えようとしている。

 栗東トレセンの池江泰寿厩舎所属のリスト(牡2歳/父ディープインパクト)である。


全兄シルバーステートに「そっくり」だというリスト

 育成を行なったノーザンファーム早来の木村浩崇氏は、春の時点で同馬についてこんな印象を述べていた。

「リストを最初に見たときから、『シルバーステートにそっくりだ』と思いました。見た目は、本当に瓜二つなんですよ。そうして、リストもじっくりと育成を進めてきた結果、よくなってきました。”良血馬”らしい、1頭になったと思います」

 シルバーステートは古馬になってから、騎手を引っ張っていくような先行するスタイルとなった。それは、気性面の影響が大きいそうだが、リストはどうなのだろうか。木村氏はこう語る。

「確かにシルバーステートは、自分からグイグイ引っ張って進むタイプでしたよね。こちらはちょっと違って、おそらく逃げたり、引っかかったりすることはないと見ています」

 続けて木村氏は、リストへの期待を口にする。

「(リストは)現時点でも十分いい馬ですけど、上2頭があれだけの能力を見せていたので、この馬にもさらなる成長を期待したいですね」 現在、9月後半のデビューを目処に調整されているリスト。はたして、兄たちが臨めなかった大舞台に立って、兄たちが実現できなかったタイトル奪取を果たすことができるのか。その雄姿を見るのが楽しみでならない。