サウジアラビア主導の連合軍が空爆の過失認める 子ども40人が死亡

ざっくり言うと

  • サウジアラビア主導の連合軍は8月9日、イエメン北部の市場を空爆した
  • 一方で連合軍によると、当の空爆では実行前に複数の誤りがあったことが判明
  • 本来は標的ではない民間人が狙われ、子ども40人が死亡するなどしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x