新潟11R「長岡S」芝1600
★条件MAXのチャンピオンルパンに千載一遇のチャンス到来★
◎1チャンピオンルパン
○7ミュージアムヒル
▲3レッドオルガ
△5キロハナ、4ワンダープチュック
 メンバー屈指のコース巧者、チャンピオンルパンがサプライズを演出する。
 「3勝はメンバー最多。そのうち2勝が1600辰世ら、条件はまさにMAX」
 ここで勝たないで、どこで勝つの。
 「関屋記念は13着に終わっているが、休み明けの上に重賞の壁もあった。自己条件に戻れば度外視して大丈夫」
 今シーズンは関屋記念まで、2着2回、3着2回。確固たる実績の裏付けもある。
 「乗り替わった木幡功也騎手が勝利をエスコートする」
 ここに来て、メキメキ力をつけているミュージアムヒルが相手になる。

新潟10R「弥彦特別」芝1800
★2戦2勝とエリート街道を驀進するキャンディケインには逆らえない★
◎3キャンディケイン
○8ランガディア
▲1コーカス
△2ジークカイザー、5ダノンキングダム
 休養を挟み新馬→国分寺特別2連勝中と、エリート街道を驀進するキャンディケインでもう一丁いける。
 「1800辰禄蕕瓩討世、父ハーツクライは一流ステイヤー。全く心配無用」
 そもそも距離に少しでも不安があったら、陣営はわざわざ冒険はしない。短距離の番組は他にある。
 「当面の相手は、降級2戦目で走り頃のランガディア。新潟1800辰録掲肋,舛靴討い觝播の条件」

札幌11R「札幌2歳S」芝1800
★快速牝馬のウィクトーリアが兄妹制覇を達成する★
◎10ウィクトーリア
○7ナンヨーイザヨイ
▲5アフランシール
△1クラージュゲリエ、9ラブミーファイン
 「1800辰凌掲論錣魘丹曚離譽魁璽匹念菊(0秒5差)した、快速牝馬のウィクトーリアが王者に君臨」
 半兄のブライトエンブレムは14年の優勝馬。血統は折り紙付きの良血馬で、完成度も高い。
 「スピードの違いで逃げたが、控えても競馬はできる」
 展開不問となれば、チャンスは限りなく高い。相手は、函館2歳Sで1番人気(9着)を集めた素質馬ナンヨーイザヨイ。距離延長でガラリ一変がある。小倉11R「北九州短距離S」芝1200
★地力強化の目覚ましいエイシンデネブが一気呵成に3連勝達成★
◎14エイシンデネブ
○15レインボーフラッグ
▲5ワンアフター
△17スマートグレイス、1ブラッククローバー
 由布院特別でベストパフォーマンスを披露した、エイシンデネブに期待。
 「12001分6秒9の勝ちタイムは破格だし、2着を0秒6差突き放した瞬発力も半端ない」
 これで、小倉1200辰2戦2勝。前途洋々の3歳馬でまだノビシロがあるし、ハンデ51舛覆蘊叉蕕諒匹漏無に等しい。
 「一連の実績から、レインボーフラッグが相手になる。トップハンデは伊達ではない」