日本体育協会はきのう30日(2018年8月)に緊急理事会を開き、宮川紗江選手が塚原光男副会長と塚原千恵子強化本部長からパワハラを受けたと告発している問題で、第三者による調査委員会を早急に立ち上げることを決めた。

具志堅幸司副会長は「18歳の少女が嘘をつくとは思えない。だから(第三者委員会に)委ねないといけない。この際、何があったか全部膿を出して新しく出発しないと、東京オリンピックはあり得ない」と深刻に受けとめていることを示した。

リオ五輪で一緒に女子団体

きのうは、リオ五輪体操女子団体で宮川選手とともに戦ったチームメイトが、急きょ記者会見を行う意向を示したが、協会側が止めたという。

コメンテータ―の本上まなみ(俳優)「(チームメイトが)会見を開きたいというのに、止められてしまったんですか。(宮川選手の)勇気ある発言で大きく動き出したことは大きな一歩だと思います。この流れがつながって、より良い体操協会になっていくために、周りの人も注目していくことが大事ですよね」