韓国で生の魚介類を食べた男性が感染症に 腕を切断する手術実施

ざっくり言うと

  • 韓国で、生の魚介類を食べた71歳の男性が感染症を引き起こした
  • 手などに縦3.5cm、横4.5cmほどの血の塊や水ぶくれができていたとのこと
  • 男性は合併症のため左前腕を切断する手術を受け、その後無事に退院した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x