いまだ全国各地で猛暑日が続くなか、はや夏競馬は最終週を迎える。オーラスを飾るのは、伝統の一戦となるGIII新潟記念(9月2日/新潟・芝2000m)。ハンデ戦ということもあって、波乱の多い重賞と知られる。

 実際、過去10年で1番人気が勝ったのは1回のみ。ここ2年連続で2着に入っているものの、それを含めて計3回しか馬券(3着以内)に絡んでいない。

 おかげで、過去10年の3連単の配当はすべて万馬券。2014年が2万円台、2016年が5万円台だった他は、10万円以上の高配当となっており、2008年は100万円超えの超万馬券となっている。まさしく夏の最後を飾るにふさわしい”大花火”が、ほぼ毎年打ち上がっているのである。

 そして今年、1番人気に目されているのは、4戦3勝の3歳馬ブラストワンピース(牡3歳)。唯一の敗戦となった前走のGI日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)でも5着と奮闘しており、歴戦の古馬勢を抑えて人気になるのも頷ける。

 ただ同馬にとって、ここは秋を見据えての始動戦。大きな目標は先々にあるだけに、取りこぼしがあってもおかしくない。その点については、日刊スポーツの松田直樹記者も同様の見解を示し、ブラストワンピースに対して疑いの目を向ける。

「1週前の追い切りにまたがった池添謙一騎手は、『古馬とは初対戦となるけど、(ブラストワンピースは)ここでつまずく器じゃない』と話していましたが、前走のダービー5着のときもプラス10kg(532kg)の出走で、太め残りだったことは陣営も認めています。はたして今回も、本来の能力を発揮できるかどうか。休み明けの巨漢馬ゆえ、どうしても割引せざるを得ません」

 スポーツ報知の坂本達洋記者も、ブラストワンピースの強さを認めつつも、馬券的には「工夫が必要」だと言う。

「(ブラストワンピースは)ハンデ54kgというのもいいでしょうし、菊花賞(10月21日/京都・3000m)に目標を置きながらも、得意の左回りのレースに臨んで、休み明け初戦から結果にこだわる姿勢が、陣営からもうかがえます。しかし、あくまでも大目標は先にあるので、馬券的には新潟記念に照準を絞ってきた穴馬にもしっかりと目を向けて、少々点数が多くなっても、手広く狙う作戦がベターでしょう」

 また、ブラストワンピースの取り捨ては別として、松田記者は新潟記念で波乱を起こす馬の傾向について、こう分析する。

「過去10年の勝ち馬の内訳を見てみると、前走・小倉記念(小倉・芝2000m)組が6勝。それ以外の前走は、七夕賞、函館記念、クイーンS、そして条件戦とバラバラです。小倉記念組には注意しつつも、そこまでローテーションを気にしなくてもいいレースだと思います。

 それと、左回りで直線が658.7mもある新潟外回りが舞台となりますが、昨年の勝ち馬タツゴウゲキ(6番人気)も、対照的なコースとなる小倉記念を勝って、ここでも結果を残しました。ならば、純粋に能力の高い馬を狙えば、馬券的中につながるレース、というのが個人的な見立て。ハンデ戦という側面はありますが、案外”素直さ”が試されているレースなのかもしれません」

 その純粋に能力の高い馬として、松田記者は関東馬2頭を推奨する。

「まずは、セダブリランテス(牡4歳)です。新馬勝ちしたあとと、今年年明けのGIII中山金杯(1月6日/中山・芝2000m)を勝ったあとに骨折し、長期休養を何度か余儀なくされて、これまでに消化したレースはわずか5戦ですが、重賞2勝を含めて4勝、3着1回と、ほぼパーフェクトな成績を残しています。潜在能力はメンバー屈指のものがあります。

 今回は2度目の骨折明けとなりますが、乗り込みは豊富。同馬を管理する手塚貴久調教師も、『休養で成長をうながせたので、いい休みになったと思う。体調的にも今回は休ませざるを得なかったので、逆に(休めて)いいと思うくらい』と、休み明けを不安に思うことなく、反対に休養したことによる進化を感じているようです。


最終週の荒れた馬場での一発を狙うマイネルハニー

 ただ、この馬もそこそこ人気になりそうなんですよね……。そこで、狙いたいのが、マイネルハニー(牡5歳)です。

 3走前のGII中山記念(2月25日/中山・芝1800m)10着は強敵相手、前走のGIII函館記念(7月15日/函館・芝2000m)14着は洋芝が合わなかったため、とそれぞれの敗戦には理由があったと割り切れば、決して見限ることはできません。

 全5勝中、4勝がやや重か重という道悪競馬。先週の新潟2歳Sでは、降雨の影響が残っていて、直線では馬場の外目を進んだ3頭の叩き合いによって決着したことからも、開催最終週を前にして、内ラチ寄りの馬場の荒れ具合はかなり進行していると推測できます。そして今週も、新潟は週中から雨が続くようで、マイネルハニーにとっては好条件となりそうです。

 2016年のGIIIチャレンジC(阪神・芝1800m)を制した実力は確か。悪い馬場のなか、先行策がはまれば、一発あっても不思議はないですよ」

 一方、坂本記者からは関西馬2頭の名前が挙がった。

「1頭は、ストーンウェア(牡6歳)。6歳馬ながら、今年に入って充実著しいです。前走の小倉記念(8月5日)は前が止まらないうえ、高速決着となった結果に泣きましたが、好位5番手から上がり33秒7の脚を駆使して、最後までバテずに掲示板(5着)を確保しました。

 3走前からコンビを組む蛯名正義騎手も、『しぶといタイプ。乗りやすくて、操縦性も大丈夫。距離2000mはいい』と評価しています。

 週中から雨予報の新潟。最終週で荒れてきた馬場がさらに渋れば、この馬向きの舞台になると見ています。マイネルハニーやマイネルミラノ(牡8歳)ら有力な先行馬が多いメンバー構成で、中団からの脚の使いどころがうまく決まれば、十分にチャンスがあると思います。

 もう1頭は、メドウラーク(牡7歳)。同馬も時計のかかる馬場で面白い存在です。初の重賞制覇となった2走前の七夕賞(7月8日/福島・芝2000m)は、ハイペースの流れのなか、後方からの競馬がはまった感じでしたが、舞台条件が合えば、力を発揮できることを証明しました。

 また、現在は『サマー2000シリーズ(※)』で11ポイントを挙げて2位につけており、今回5着以内に入れば、逆転優勝となります。左回りでも2勝していて、鞍上の丸田恭介騎手も人気薄なら腹をくくった騎乗に徹するはず。怖い存在だと思いますよ」
※夏競馬を盛り上げるために2006年から行なわれている重賞のシリーズ戦。6月〜9月に開催される指定重賞での成績をポイント化し、その総合得点を競うもの。芝のスプリント戦(1000m〜1200m)を対象にした『サマースプリントシリーズ』をはじめ、芝マイル戦の『サマーマイルシリーズ』、芝2000m戦の『サマー2000シリーズ』がある。 過去10年で5番人気以下が8勝し、2、3着にも人気薄ばかりが突っ込んできている新潟記念。夏の終わりに、季節はずれの”ビッグボーナス”を手にすることができるか。その命運を握る馬が、ここに挙げた4頭の中にきっといる。