逃走容疑者に地元の社長が300万円の懸賞金「地元住民の安心のため」

ざっくり言うと

  • 富田林署の留置所を脱走した男に、地元の社長が300万円の懸賞金をかけた
  • 地元住民の安心のためなら安いと話し、警察にも相談し許可を得ていると社長
  • 25日にSNSで懸賞金について公表すると、数日の間に続々と情報が寄せられた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x