全米オープン主審が選手へ過剰介入し問題に 敗れた選手は憤慨

ざっくり言うと

  • 30日の全米オープン男子シングルス2回戦で、主審の「過剰介入」があった
  • 第1セットを取られたキリオスに、激励するような言葉をかけたとされる
  • キリオスが逆転勝ちし、敗れた選手は「彼はコーチじゃない」と憤慨している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x