総武快速線、停車駅を誤って通過 運転士は「特急と勘違い」

ざっくり言うと

  • JR東日本の総武快速線が30日夜、停車駅を誤って通過していたことが分かった
  • 「特急列車を担当していると一時的に勘違いしていた」と運転士
  • 通過の影響で、少なくとも8人が乗れず、乗客1人が降りられなかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x