人種差別を理由に代表引退のエジル 独監督「発言は一度もなかった」

ざっくり言うと

  • メスト・エジルは7月、人種差別があったとしてドイツ代表を引退した
  • レーブ代表監督は代表メンバー発表の会見で、エジルの主張を否定
  • ドイツサッカー連盟内で人種差別主義者による発言は一度もなかったと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング