女子体操の宮川紗江選手はきのう29日(2018年8月)、速見佑斗コーチへの無期限登録抹消処分は納得できないとする会見の中で、逆に日本体操協会からパワハラを受けていたと語った。

7月15日、強化合宿中に塚原光男副会長と妻の塚原千恵子・強化本部長に呼び出され、智恵子本部長は「(速見コーチから暴力を受けたことを)あなたが認めないと厳しいことになるわよ」「あのコーチはダメ。だから伸びない。わたしなら100倍教えられる」と言い、速見コーチから離れるように持ちかけたという。

宮川が今後も速見コーチや家族と一緒にやっていきたいと答えると、「家族もどうかしている。宗教みたい」といわれ、恐怖と苦痛を感じたという。

塚原千恵子・強化本部長付き人物「あそこなら寮の部屋も空いてる」

その4日後に、千恵子本部長付きの人物から、速見コーチと練習できなくなったことを告げられ、千恵子氏が監督の朝日生命体操クラブなら練習ができ、寮に部屋もあいていると促されたという。さらに、日本トレーニングセンターNTCに専任コーチを用意したとして、その人の電話番号を教えられた。

宮川は「最初から速見コーチを排除して、朝日生命に入れる目的だと確信しました」「朝日生命に入れて利益を得るために力が働いた」「NTCで練習できなくて困っている選手、コーチはほかにもいる」と会見で協会の強圧体質を指摘した。

スタジオゲストの元オリンピック選手の池谷幸雄さんは「18歳の宮川選手はよく頑張った。勇気がいったろう」と話した。