20歳の堂安がA代表に初選出された。(C) Getty Images

写真拡大

 日本サッカー協会は8月30日、9月上旬に行なわれるキリンチャレンジカップ2018に向けた日本代表23名を発表した。日本代表は、7日にチリ代表(@札幌ド)、11日にコスタリカ代表(@吹田S)と対戦する。

 森保ジャパンの初陣となるメンバーには、昨季チームでMVPを獲得する活躍を見せた堂安律(フローニンヘン)のほか、冨安健洋(シント=トロイデン)、伊藤達哉(ハンブルク)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)の4名が初選出。ワールドカップ参加組では、山口蛍(セレッソ大阪)、槙野智章(浦和レッズ)らが選出されている。

 発表された日本代表メンバーは、以下の通り。
GK
東口順昭(G大阪)
権田修一(鳥栖)
シュミット・ダニエル(仙台)

DF
槙野智章(浦和)
佐々木翔(広島)
車屋紳太郎(川崎F)
遠藤 航(シント=トロイデン)
室屋 成(FC東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ)
三浦弦太(G大阪)
冨安健洋(シント=トロイデン)

MF
青山敏弘(広島)
山口 蛍(C大阪)
大島僚太(川崎F)
伊東純也(柏)
中島翔哉(ポルティモネンセ)
南野拓実(ザルツブルク)
三竿健斗(鹿島)
伊藤達哉(ハンブルク)
堂安 律(フローニンゲン)

FW
小林 悠(川崎F)
杉本健勇(C大阪)
浅野拓磨(ハノーファー)