不登校の子どもに届く手紙「みんな」という主語の圧力

ざっくり言うと

  • 不登校の子どもに宛てた「学校来てね」「待ってるよ」などの手紙や寄せ書き
  • 「私たち」や「みんな」という主語は、プレッシャーになりかねないと識者
  • 正しい答えはないが、「何もしない」という選択肢があってもいいとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x