強い台風21号、さらに発達中 来週、列島にかなり接近

2018/08/30 06:28 ウェザーニュース

台風21号は30日(木)3時現在、南鳥島近海を西に時速20kmで進んでいます。中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は40m/s、中心から半径90km以内が風速25m/s以上の暴風域となっています。

▼台風21号 30日(水) 3時現在 存在地域   南鳥島近海 大きさ階級  // 強さ階級   強い 移動     西 20 km/h 中心気圧   960 hPa 最大風速   40 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 60 m/s

勢力が、きょうにも「非常に強い」へ

台風の進路にあたる海域は海面水温が高く、発達に適した風の状況となっているため、昨日よりもさらに勢力を増しています。きょう30日(木)午後には非常に強い勢力まで発達すると見られます。31日(金)午後には最大風速が50m/sと猛烈な勢力の一歩手前まで強まりそうです。猛烈な勢力になれば、7月に発生した台風8号以来、今年3個目になります。

来週は日本列島に向かって北上か

2日(日)以降は太平洋高気圧の縁を回るように北よりに進路を変え、来週にかけて日本列島の近づく可能性があります。各国の気象予測モデルによる台風の動きを見ても、ほとんどが日本に向かって北上を示唆しており、今後の動向に要注意です。