いじめを受けた悔しさを漫画で…蛭子能収が語るひとりぼっちの哲学

ざっくり言うと

  • 中学時代にいじめを受けていたという蛭子能収に、話を聞いている
  • つらかったが、いじめた人を倒す漫画を描いて悔しさを晴らしていたそう
  • 無理やり人に合わせるよりも、「ひとりぼっち」で自由な方がましだと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング