岐阜市の「Y&M藤掛第一病院」で今月26日(2018年8月)から28日にかけて、83〜85歳の男女5人が相次いで死亡した。5人はエアコンが故障した部屋に入院していた。熱中症死と見られる。26日と27日の両日、岐阜市の最高気温は36度を超えていた。

岐阜県警はきのう28日(2018年8月)、このうち4人についての殺人容疑で病院を家宅捜索した。藤掛病院は高齢者医療が専門の病院で、病院関係者とみられる人物から県警へ通報があった。

病院側の説明では、今月20日に5人が入院していた3階と4階のエアコンが故障した。その日のうちに修理を依頼したが、1カ月かかると言われたため、重症な患者を移動したり、扇風機を9台出したりしたという。

病院は「病院としては何か問題があったとは考えておりません」といい、藤掛陽生院長も「(亡くなった人は)原病が非常に恐ろしい病気だったので、いつ急変してもおかしくなかった」とエアコンの故障と死亡との関係を否定した。

裁判所も「未必の故意殺人」と認識

池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は、病院でエアコンが故障した場合には「地域で連携している病院や系列の病院に転院してもらうのが一般的」と話す。

浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「病院が問題を認識していないことにびっくりしましました。切迫感がまるで感じられないですね」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「殺人容疑で裁判所が家宅捜索令状を認めた、ということがポイントです」

司会の羽鳥慎一「医者だったら、そういう結果になることはわかっていたでしょ、ということですよね」