放射能汚染の場所が見えるカメラを開発 廃炉作業などに期待

ざっくり言うと

  • 日本原子力研究開発機構は、放射能で汚染された場所が見えるカメラを開発
  • 遠隔操作で動くロボットの上部に設置され、汚染が強い場所は赤く映るという
  • 廃炉作業において、作業員の安全を確保するためなどに活用されるようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x