「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさん(本名非公開)が15日(2018年8月)、乳がんのため死去していたことがわかった。53歳だった、

さくらさんは1984年に漫画家デビューし、86年から「ちびまる子ちゃん」を月刊少女漫画雑誌で連載開始、小学3年生の少女を主人公に飾らない日常をユーモアたっぷりに描いた。90年からテレビアニメにもなり、さくらさん自身が作詞した主題歌「おどるポンポコリン」は90年にレコード大賞を受賞した。単行本は累計3200万部を売り上げた。ラジオのパーソナリティとしても活躍した。

世代を超えて愛されるさくらさん

「とくダネ!」のフジテレビは、アニメ「ちびまる子ちゃん」を放送している局だけに、力を入れてさくらももこさんを追悼した。ただ、さくらももこさんが本名を非公開にするほど私生活を明かさなかった人だけに、直接会ったことがある人は局内でも非常に少ない。

笠井信輔アナウンサーが、さくらももこさんの直筆の手紙を公開した。笠井アナは2007年〜08年に放送されていた子供向け番組「まるまるちびまる子ちゃん」の実写ドラマで、原作に登場する戸川先生役を演じた。ドラマ放送後にさくらさんからイラストが添えられ手紙が届いたという。番組では、その手紙を映した。

「先日はドラマで戸川先生の役を演じて頂き、本当にありがとうございました。とてもうれしかったです。ずっと前から笠井さんをTVで拝見しておりましたので、すごく親しみの感じる戸川先生でした」とあった。

笠井アナ「今となっては、この手紙も宝物ですが、西城秀樹さんが大好きなさくらさんが、天国でお会いできるといいなと思うしかありません」

司会の小倉智昭「53歳は若い。発見が遅れたのですかねえ」

古市憲寿(社会学者)「エッセーも面白く、これからも漫画、エッセーとも読んでいきたい」

山崎夕貴アナ「漫画を100回は読んでいます。世代を超えて愛されるさくらさんでした」