肺がん検診で3度見落とし女性が死亡 自治体の格安検診の粗雑さ

ざっくり言うと

  • 東京・杉並区の検診で肺がんが3度にわたって見落とされ、女性が死亡した
  • 検査を実施した病院は、年間約5000人の検診患者を受け入れていたと関係者
  • 医師が1日に何十枚も読影する必要があり、診断専門医も不足していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x