U-21日本代表を率いる森保一監督

写真拡大

[8.27 アジア大会準々決勝 U-21日本2-1サウジアラビア ボゴール]

 今大会一ともいえる内容でサウジアラビアを撃破した。チームを率いる森保一監督は「選手の上に行きたい気持ちが勝利につながった。次のステージに行きたい気持ちを強く持ち、入りのところからアグレッシブに戦ってくれた」と選手たちの“戦う姿勢”に目を細めた。

 序盤からボールを保持する展開となると、前半31分に左サイドのDF杉岡大暉(湘南)のパスを中央のFW前田大然(松本)が落とし、走り込んだMF岩崎悠人(京都)が鮮やかなミドルシュートを沈めて先制に成功。同39分に不運な形のオウンゴールで同点に追い付かれたものの、ここで崩れなかった。

「1失点したが、失点した後にズルズルいくこともなく、そこで踏みとどまって、選手たちが悪い時間、ピンチでも粘り強くタフに戦い続け、体を張ってくれて失点を防いでくれた」

 サウジアラビアの最前線には決勝トーナメント1回戦の中国戦でハットトリックを達成した要注意人物のFWカマラが入っていたが、DF板倉滉(仙台)、DF大南拓磨(磐田)、DF立田悠悟(清水)の3バックを中心に自由を与えず。勝ち越しゴールを許さずに試合を進めると、後半28分に岩崎が決勝点を奪って2-1の勝利を収めた。

 決勝T1回戦マレーシア戦では試合終盤に生まれたFW上田綺世(法政大)の決勝PK弾で、辛くも勝ち上がりを決めたこともあり、「流れの中からの得点ということで、選手たちがこだわって取ってくれて勝利できたのは良かった」と流れの中から2ゴールを奪った選手たちを労った。

(取材・文 折戸岳彦)