インド映画『ガンジスに還る』死を悟った父とその息子、2人の不和をガンジス河が優しく溶かす人間ドラマ

写真拡大

インド映画『ガンジスに還る』が、2018年10月27日(土)より岩波ホールほか全国の劇場にて順次公開される。

誰にでも訪れる「死」、不器用な親子の心温まる物語

誰にでも訪れる「死」テーマにした本作は、不器用な親子と彼らを取り巻く人々が織り成す物語を、ユーモアと人情味溢れるタッチで描いたヒューマンドラマ。死期を悟り、“その時“を待つ人々たちのための施設「解脱の家」に入居した父ダヤと、そんな父を複雑な心境で見守る仕事人間の息子ラジーヴ。そんな2人が、ギクシャクとした心を、最後の時を待ちながら、ガンジス河の流れとともに溶かして行く。

ラジーヴ役で主演を務めるのは、『マダム・イン・ニューヨーク』や『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などで知られるインドの名優アディル・フセイン。また、監督・脚本を、弱冠27歳の新鋭監督シュバシシュ・ブティアニが務める。

ストーリー

ある日、自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシへ行くと宣言する。家族の反対もよそに、決意を曲げない父。仕方なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに。辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。はじめは衝突しあうも、雄大に流れるガンジス河は、次第に父子の関係をほぐしていく。旅立つ者の心の動き、それを見守る家族のまなざし。果たして、ダヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのかー?

ヴェネチア国際映画祭では、上映後に10分間のスタンディングオベーションが鳴り響き、新人監督の発掘・育成を目的とするビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門でエンリコ・フルキニョーニ賞を受賞。批評家によるアメリカの映画批評サイト「ロッテン・トマト」でも、8月27日(月)時点で100%フレッシュ(高評価)の評価を得ている。

物語のメイン舞台となるバラナシは、古代から栄えるインドの聖地。全編に渡って物語を彩る、その異国情緒溢れる雄大な景色も本作の見どころの一つとなりそうだ。

作品情報

映画『ガンジスに還る』
公開日:2018年10月27日(土) 岩波ホールほか全国の劇場にて順次公開
監督・脚本:シュバシシュ・ブティアニ
出演:アディル・フセイン、ラリット・ベヘル 他

© Red Carpet Moving Pictures
[写真付きで読む]インド映画『ガンジスに還る』死を悟った父とその息子、2人の不和をガンジス河が優しく溶かす人間ドラマ

外部サイト

  • 映画『判決、ふたつの希望』タランティーノ組のジアド・ドゥエイリ監督、実体験を元にしたレバノン映画
  • レディー・ガガ初主演、映画『アリー/スター誕生』ブラッドリー・クーパー監督&出演
  • 映画『ファントム・スレッド』P.T.アンダーソン×ダニエル・デイ=ルイス、再びタッグ