腹腔鏡手術で腸の動脈が切れ死亡する医療事故 彦根市立病院

ざっくり言うと

  • 27日、滋賀県彦根市立病院は2016年9月に医療事故があったことを発表した
  • 60代男性に腹腔鏡手術をした際、腸の動脈が切れて大量出血し死亡したという
  • 病院は同日までに遺族に謝罪し、約2900万円を支払うことを決めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x